名刺作成では、紙質は選べる?

名刺作成の際の紙質ですが、現在12種類ございます。名刺デザインの細部まで気を配る〜名刺マイスター!では料金は印刷費に含まれておりますが、特殊紙のパールとスケルトンは別料金となります。特に紙質のご希望がない場合は当方でデザインに一番適した紙質を使用させて頂いておりますが、ほとんどの場合、標準のホワイトを使用しております。

名刺作成での紙質(厚さ)は通常180kgとなり、貰った紙質を比べてもわかるように、厚さにあまり差はないと思います。当店の標準の紙は200kgとなり、180kgよりは微妙に厚いのですが、この20kgの差でほんの少ししっかり感のある紙質になっております。ぜひとも、名刺作成を依頼ください^^

その他10種類の紙質は下記のようになります。

■ホワイト 200kg(標準)
手触りが滑らかなスノーホワイト。

■レイナR 180kg
手触り感のある紙質で、名刺作成でもよく使用しているところが多いです。
以前は100%再生紙と言われてましたが、今では古紙率が30〜40%となっております。

■マットポスト 220kg
一番厚くて硬い紙質。頑丈で人気はあるのですが、ケースにあまり多くを入れられない厚みが難点。

■プラスター 180kg
レイナRに似た紙質で、もう少し手触りや色にナチュラル感があり、180kgですが200kgぐらいの厚みが感じられます。

■プラスターナチュラル 180kg
プラスターのアイボリー版で、薄クリーム色です。

■PHO 180kg
こちらもアイボリーの紙で、薄めの紙質ですがこしがあってしっかりしています。

■ケント 220kg
厚くてがっしりしたケント紙。

■エスプリコートW 180kg(中厚)・220kg(厚口)
両面光沢紙となり、こちらも2種類の厚さでご用意がございます。

■ミラーコートプラチナ 180kg
片面光沢、片面マットコート紙となります。

■ミラーコートプラチナ 180kg
片面光沢、片面マットコート紙となります。

■エスプリコートVW 220kg(厚口)
片面はエスプリコートWと同じ光沢紙ですが、片面はざっらとしたマット仕様。

■スケルトン 180kg
透き通ったトレーシングペーパー。特殊紙質。片面印刷のみとなりますが、両面印刷での料金となります。


名刺デザインが綺麗か?などのことに気を配る以前に、基本となる名刺作成での紙質は大切でしょう。
実際に見て貰うのが一番なので、見本をお送りしております。(無料♪)
ゼヒご利用くださいませ!


ページのトップへ戻る